「ジムに行く勇気がない」という人に贈るアドバイス


『脱ガリガリのためのボディメイクの教科書』無料ダウンロード

今日も「痩せ型の方が如何にしてマッチョな体型を手に入れるか」という視点で記事を書いていきます。

筋トレを始めたばかりの方からは「ジムに行ったほうが良いのか?」といった質問を受ける機会が多々あります。

先に結論から言うと、ガリガリの体型からマッチョを目指すのであれば、ジムでのウエイトトレーニングをするほうが効率的です。

f:id:sfitness:20181221233113j:plain

ジムでのマシントレーニングであれば、動きが固定されるので狙った筋肉に負荷を掛けることができます。始めて使うマシンでも、大抵の場合はマシンに使い方の説明書きもあるので知識0の状態でもそれなりのトレーニングができてしまいます。

あと、身体を大きくするためには漸進性過負荷の原則といい、トレーニングを重ねる毎に負荷を上げていく必要があります。(この辺の話はメルマガで詳しく書いています)

ジムのウエイトトレーニングであれば、扱う重りやダンベルの重量を上げるだけで簡単に負荷を上げられる。これを自分の身体を重りとする自重トレでやろうと思うとなかなかムズカシイ。

なので、効率良くガリガリの身体をマッチョにしたいのであれば、確実にジムに行ったほうが良いのは間違いないです。

ただ、これからボディメイクを始めたい方と話していると、「ジムに行く勇気がない。」という声をよく聞きます。

思い返してみると、私もジムに通い始める前は何となくジムに対して心理的なハードルを感じていました。ただ、実際に通い出した今から思うと、なんであんなことを気にしていたのか?と思うようなことばかりなので、ジムに対する誤解を解いていきます。

自分みたいなガリガリが行くと馬鹿にされるのでは?

確かに私もジムに通い出す前は、ゴリゴリのトレーニー達が100kg近くのウエイトを上げている中で、ガリガリの自分が10kgのダンベルを持ち上げていたら鼻で笑われるのではないかと思っていました。

ただ、実際にジムに行ってみると、全くそんなことはありませんでした。

まず、ジムで身体を鍛えている人達は基本的に自分の身体にしか興味がありません。私もトレーニング中に周りの人が何キロの重りを上げているか気にしたことはありません。

たまに、凄い身体をした人を見つけたときは、どんなトレーニングをしているのか参考にするために重りをチェックしたりするぐらいです。

ジムにはボディメイクをしているゴリゴリの人も居れば、健康のために運動してますというようなお爺さんもいたり、ダイエット目的の女性も居ます。

そもそも回りの人を気にしながらトレーニングしている人は居ないので、今の体型に自信がなくとも、馬鹿にされることはありません。

スポーツをやったことがない自分がちゃんとトレーニングできるのか?

これも全く問題なし。

球技のように複雑な動きや味方との連携を求められるわけでもなく、筋トレに関しては正しい動きをするだけ。

特にマシントレーニングはその中でも一番カンタンで、マシンに座って決められた動きをするだけなので、運動神経は必要ありません。

実際、私も高校まではスポーツしていたものの、サッカー・バスケがゴミレベルに下手で運動神経は良いほうではありませんが、問題なく筋トレできてます。

何を着ていけばいいのか分からない。

動きやすい服装であれば、何でも良いです。

それこそ普通のTシャツにジャージのハーフパンツという格好の人も結構居ます。

ただ、デニムはNG。お尻のリベットでマシンのシートが破けたりするので究極のマナー違反です。

正直言って、ユニクロのスポーツウェアで十分です。3000円もあれば上下のスポーツウェアを揃えられます。

あとは室内用のシューズも必要になので、安いシューズでも構わないので1足用意しましょう。

私もジムに通いだした最初の1年ぐらいはGUで買った1000円のスニーカーをトレーニング用として使っていました。

ジムの料金が高い。。。

民間のジムの場合、プールなしのジムでも月6000~7000円が相場です。

投資をできるだけ抑えたいのであれば、公営のジムがお勧めです。どの地域でも市営や区営の体育館などであれば1回300円とか破格の料金で利用できるところが多いです。

意外と夜も23時まで営業していたりするので、公営といえ侮れません。

都内であれば、かなり数も多いので自宅から通える範囲に1つぐらいある可能性は高いです。23区内の公営ジムをマッピングされている記事もありました↓

www.2ztk4.com

近くに公営のジムがあれば、検索すればすぐにヒットするはずです。

環境が変われば結果も変わる

もし、脱ガリのために筋トレを始めたばかり、あるいはこれから始めたいという場合はぜひジムに行くことをお勧めします。

一回騙されたと思って行ってみてください。

受験勉強で塾に通えば勉強せざるを得ないように、ジムに通えば全員が黙々と自分の身体を鍛えている空間にいけば自然とモチベーションは上がります。

家で思うように筋トレが続かなかった人でも、ジムに通いだしたことがきっかけで筋トレにのめり込む人は多いです。

昨今のフィットネスブームでエニタイムフィットネスのような小型のジムも激増してますしね。

では!


PS

「痩せ型の体型を卒業するために筋トレを始めたいけど、何から始めれば良いのか分からない。」

あるいは、

「筋トレを始めたばかりで、今やっているトレーニングが正しいのか不安」

という方に向けて、私が筋トレ初心者の段階から17kg増量に成功したボディメイクのポイントをレポートにまとめて公開することにしました。

興味があれば、下記のリンクからダウンロードしてみてください。

『脱ガリガリのためのボディメイクの教科書』無料ダウンロード

コメントを残す

UA-93580511-1